出発日 道具屋

 

前回までのあらすじ

禿げ始めた、うだつの上がらない英語も話せない中年が思い付きでフィリピンアンヘレスという街に行くことになった。

右も左も分からないその中年が、少しづつ経験値を稼ぎレベルを上げ、仲間を増やしながら始まりの街を練り歩くだけの物語である。

 

 

プロローグ

日本で平凡な生活をしていた私にアキラさん(職業・遊び人。LV11)から1通のメッセージが届いた。

野暮用でアンヘレスに来ています!(^^)!

テイアに見つかってABCでステーキを奢らされました(´;ω;`)

連絡が来ないってテイアが怒ってましたよ!(^^)!

 

私に送ってきたIDが間違えていたのを確認していないのか( `ー´)ノ?

(前回の別れ際にテイアからLINEのIDが送られてきたが別人のものだったので連絡が取れない状態だった。)

 

あのバカに説教をしなくてはいけない( `ー´)ノ

 

私はクローゼットの奥から草臥れ始めたバックを取り出した。

 

 

 

必要な装備品をバッグに詰めていく。

パスポート最低限の洋服下着。足りなくなったら現地で調達すれば良い。コンセントと充電器

フィリピンのコンセントはC型ですが、ほとんどのホテルでは日本のコンセントでもそのまま使えます。しかし、万が一の為に大きめのダイソーC型のアダプター(100円)を購入しておけば安心だと思います。

※三口の延長コードがあると何かと重宝します。

 

新たに道具屋で購入したのは

・くるぶしまでの靴下

南京錠(カバンのチャックに着ける小さいもの。100円。)

・ポーカーにハマっていたのでトランプ用のチップ

・大事なものを守るシリコンで出来ている防具(メイドインジャパン。防御力+5

・旅先で肩がこってしまうかもしれないので電動のマッサージ機 (遊び人でも装備することが出来る。攻撃力+15)。

・お土産用のチョコレート

 

携帯電話について

SIMロックの解除が出来る場合は解除しておいて下さい。SIMロック解除のデメリットはありません(各社条件がありますが購入後半年位で、無料で解除出来るはずです)。

出来ない場合はWi-Fiルーターが必要になります。

現地で簡単に使えるようにする方法は、空港にショップがあるので携帯電話を渡して1,000ペソ払えば、使えるように設定してくれます。SIMも入れてくれます。(グローブスマートがありますがWSではグローブの方がつながり易いと感じました。)

慣れてくればWSで50ペソでSIMを購入し、100ペソでプリペイドカードを購入すれば、合計150ペソ(330円)で1週間使うことも出来ます。

初めてならばアマゾンか楽天で海外で使用できるSIMを購入する方法が便利かもしれないと思います。(1,300円位。私は使用したことが無いので詳しくは知りません。)

 

 

  

折角アンヘレスに行くのに無駄な時間を使うわけにはいかないので、今回の作戦を考える。

前半戦はガンガンいこうぜいろいろやろうぜで経験値を稼ぐ。(ローズとの再戦や、ソフィアとも戦ってみたい)

後半にテイアを見つけて説教をする。

 

 

航空券を予約し、ホテルも予約した。 

アキラさんに連絡をしておくと、

僕もその日程に合わせていきます!(^^)!

と、返事が来た。随分と自由な人だと思った

 

 

 

出発日

東京駅八重津中央口から出て右手の階段を下りて喫煙所でとりあえず一服。

成田空港行きのバス停までは歩いて5分で着ける。

空港のカウンターはフィリピン人で混んでいた。みんな日清食品のカップヌードルのシーフード味を箱買いしている。日本に旅行で来ているフィリピン人は富裕層なのだろう。

 

今回、Eチケットをプリントアウトせずに携帯電話の画面だけでチェックインをしてみたが問題なくチェックイン出来た。

 

成田空港発13:15。ニノイアキノ空港17:05到着の飛行機に乗る。

空港のカウンターは混んでいたが飛行機は空いていた。運良く、隣の席が空席だったので快適なフライトを過ごすことが出来た。

 

ニノイアキノ空港に到着し足早にイミグレに向かう。入国審査も2人しか並んでいない。

そして、相変わらず1つも質問されずに顔認証と指紋認証のみで判子を押されて入国審査を通過した。

イミグレではいつも、日本のパスポートの強さとフィリピン人の適当さを考える。

 

 

空港の自動ドアを抜けて煙草を吸うために左に進む。1番の柱の前が喫煙所になっている。

小腹が空いたのでコンビニビールウインナー入りのパンを購入して、クラーク行きのバス停がある14番の柱の方へ向かう。

 

バスは1時間おきに出ている。フィリピンの時刻表は当てになるはずは無いので適当に行き、適当に来たバスに乗る。

バスは相変わらず渋滞にはまってしまい、SMクラークに着いたのは10時を過ぎてしまっていた。

現在は直行便が就航したのでこの時間が短縮されています。)

 

 

グーグルマップを見ながら到着の時間をアキラさんに知らせて、ルイーズの酒場(ホテルアメリカのプールサイド)で待ち合わせをする。

 

 

 

 新たな冒険が始まる(^^♪

 

 

 

 

追記

 

その後、ミニストップの近くの屋台で鳥の丸焼きを食べながら作戦会議をし、2~3件飲みに行った。

メイもスーさんもお休みだったので会うことは出来なかった。

この頃、アキラさんの中ではダンサーでは無く、ウエイトレスを口説くのが流行っていた。

連れ出せないかもしれないのが良いらしい。相変わらずレベルが高いと思った

 

 

 

 前回のお話(テイアとの出会い)

 https://travelangel.online/出会い/