24日 マッサージを受けると

 

昼間は懲りもせずにプリメタで飲む。キャンディの前でガードマンのジョジョと話をしたり、バーファインをしたりした。

ホテルまで移動するのが面倒なので近くのラブホテルで済ませる。

楽しくないことは無いが特筆するほどでもない。

バーファイン 2,000ペソ。ホテル代350ペソ。

 

夜はWSに行きお酒を飲む。特筆することは無い。

 

 

 

 

帰り際にお腹が空いたのでWSとフィールズ通りの途中の屋台でフィッシュボールを食べていると、おばちゃんが寄ってきてマッサージの勧誘をしてきた。

特にこっている訳では無いが暇だったので足だけマッサージしてもらおうと思い、

オンリーフットマッサージ OK?

と聞いてみたら300ペソで足だけマッサージするというので行ってみる事にした。

少し怪しい店内に入り、ベット一つの部屋に通される。部屋に入るなりおばちゃんが

服を脱いで!

と言ってくる。いやいや、フットマッサージでなんで服を脱ぐ必要がある?

オンリー フットマッサージ! ホワイ テイク オフ?

笑ってごまかそうとするおばちゃん。

服を脱ぐことを断固拒否し、足のマッサージを始めさせる。

 

 

下手くそ。

 

信じられないほど下手くそだった。素人が見様見真似で人の足をこねくり回す。下手くそ加減に驚いていると、若い女が部屋に入ってきた。スペシャルマッサージはどうだ!とか言っている。

そういう仕組みなのか。と納得した。どんなことが起こるのか?料金体系はどうなっているのか?と言う事には興味はあったが、若い女はそれほど好みでも無く、昼間にバーファインしているので元気もない。

フットマッサージ オンリー !

ノーサンキュー !

と、追い返し30分間、下手くそなおばちゃんに足をこねくり回されるのだった。

 

 

 

ホテルに着き、携帯電話を見てみるとテイアからの返信があった。

明日の昼頃、洗濯物を取りに行く。今、どこにいる?

と。

OK!

とだけ、返信をしてベットに着いた。

 

0

コメントを残す