11日後半 けちけちしていると楽しめない?

 

PM9時。

お昼寝から目が覚めて、携帯電話を確認するとアキラさんからのメッセージが入っていた。

昼間はすみません(*- -)(*_ _)ペコリ。今晩は飲みに行かれますか?

もちろん行くに決まっている。

 

早速、返信をし、ココモスレストランで待ち合わせをした。

 

 

アキラさんと合流し、バーホッピング開始。

前日からアンヘレス入りしているアキラさんが、狙っているウエイトレスがいると言うことで、WSの東の端っこの屋台の密集地の奥に新しくできたバーに向かう。

 

店内は綺麗で、音楽も騒がしくない。ドリンクくれくれ攻撃も無く、ゆっくり飲む分には心地よい。

ただ、ステージで踊っている5~6人のダンサーは、まれにみるレベルの低さ

新しい手法なのか、30分おきにダンサーがステージから降りてきて順番に握手をしていくが、全くときめかない

 

 

アキラさんが狙っているウエイトレス(チェリー)にドリンクを奢っているので、私も1人横につけようとダンサーを選ぶ事にした(オンリードリンクで)。

私が隣に呼んだのは、とにかく明るくよく喋る子だった。名前はナミ。顔はかわいいが体形はジャイアンの妹のジャイ子のようでバーファインは考えられない。

 

 

4人で乾杯(タガログ語でタガイ。丁寧に言うときはタガイポ。)。店内が騒がしくないので話はしやすい。うるさいママも寄って来ない。

せわしない店だとダンサーを呼んで飲んでいるとすぐにママが寄ってきてバーファインをするかと聞いてきます。飲むだけ(オンリードリンク)と言うとステージに戻ってしまう嬢もいるので、私はもう少し考える(think a little moreとかlater)と言っています。

 

f:id:asaasar47:20190824120250j:plain

 

 

話は前回の最終日にアキラさんが同行した髭の師匠の話題になった。

髭の師匠は20年前から1か月に1回(1週間)の海外の風俗通いを続けている。韓国から始まり、韓国での費用が高くなったのでタイに移動し、タイの費用が高くなったのでフィリピンに移動してきた。

筋金入りのクズである(尊敬している)。

 

アキラさんは話を続ける。

とにかく余計な金を使わないんですよ。

ママにも飲ませないし、終わった後のチップも100ペソとか200ペソですし。

あれはプロですね。

※1ペソ=約2.1円

 

しかも、1週間で12人と戦うらしい。もし高島校長がいなければこの人が1番だったかもしれない。

高島校長 およそ26年間に渡りフィリピンで14歳~70歳までの女性、延べ1万2千人以上を売春した横浜市の中学元校長(知らない人は調べてみて下さい。高島校長で検索すればすぐに出てきます。レジェントです。)

 

※髭の師匠はそれ以外にもバーを知り尽くし、ジプニーを乗りこなし、数々の伝説があります。許可が貰えれば髭の伝説もブログに書きたいと思います。

この後も、まだ行ったことが無い店を5~6件ほどバーホッピングしたが、ダンサーを隣に呼ぶことも無くステージを眺めるだけでこの夜は終わってしまった。

 

 

続く

 

 

追記

髭の師匠を見習ってお金を使わないで遊ぼうと試みましたが、上手くいきませんでした。

そこそこのレベルにまで達しないとお金を使わずに楽しむのは難しいと感じました。

経験上、ステージで見るよりも隣に呼んで近くで話をした方が可愛く見える事が多いと思います。

少しでも良いな!と思ったらどんどん隣に呼んで1杯奢ってあげて話をすることをお勧めします。勿論、話だけしてバーファインしない事も可能です。

 

 

 

 

6+

コメントを残す