次の戦いの為に

朝の戦いも終り、彼女の帰る時間になった。

チップを渡しホテルの入り口まで送ろうとすると

トライク代はくれないのか?私に歩いて帰れと言うのか?

と、まくしたてて来た。

チップは昨日と同じく相場よりも多めの1,000ペソを渡している。昨日の友達へのたかりもあり、その言葉にかなり冷めてしまった。

今考えるとお金に困っているのでバーで働いているのだろう。私もいい顔がしたくて、出会った初日にかなりお金を使ってしまったのでたかれると思ってしまったのだろう。反省すべきである。

今夜も誘ってくれるか?

と、聞いてきたが一度冷めてしまうとまた誘う気にはなれない。ゲスい考えだが既に4回も堪能しているので、他の味見もしたい思いもある。

今夜は1人で寝るよ。また今度誘うね。

と、ウソをつき彼女を返した。

昼間は特にすることも無く、夜に備えるのだった。

追記

初めてのアンヘレスは、たいした下調べもせずに訪問していた。今思えば勿体ない事をしていたと思う。

最近のWSは昼間からオープンしているバーも多い。

若くて可愛い娘は昼間の方が多いと感じる。しかも安い。

これからアンヘレスを訪問しようと考えている方は是非、昼間に頑張って欲しい。

コメントを残す