断固たる決意のバーホッピング

話は前後するが可哀想な日本人にあった日にバーホッピングした。

マニラでショートで遊んでから、アンヘレスでは未だバーファインしていないのでそろそろ思い出を作りたいと思った。

普段はかけていない眼鏡を常に装着する位の気合いでバーホッピングに挑む。

呼び込みが有っても無くてもガンガンドアをくぐる。

それぞれのバーでは骸骨、動物、エイリアンや人喰い人種まで幅広く取り揃えている。

塩対応のバーやパーソナルスペースの感覚が壊れた奴ばかりのバーを掻い潜り、とある一件のバーに入った。

f:id:asaasar47:20190523163655j:image

オッパ

と声をかけられたので

アンニョイハセヨ

と答えると韓国語でマシンガンの様に話しかけられてきた。3分程聞いていたが流石に耐えきれず、ごめんなさい。私は日本語しか話せません。と白状すると韓国語要員達は皆離れていき、奥から日本語要員が現れた。

40才前後のフィリピンのおばちゃん。メイよりも上手な日本語を話す。名前はスー。

一通りの世間話を終わらせてから、好みのタイプを聞かせれば一緒に探してくれると言う。

因みにこのバーはドリンクくれくれ攻撃が凄く、スーさんに断らせていた。苦笑いしながら後で怒られると嘆いていたのが楽しかった。

このバーにも好みの嬢はいなかったのでスーさんのベイファー2,500ペソを支払い、2人で他のバーに嬢を探しに出発する。

ロールプレイングで言うところの仲間が加わった感じだ。

しかもこの仲間はタガログ語を使いこなす。

希望は可愛くて細身で朝まで帰らない娘。

コメントを残す