レイアの場合

DEAR DIARY
この記事は約4分で読めます。

 

私がバスルームから出てくるとレイアはバスタオル1枚をまとい、携帯電話をいじっていた。

緊張しながら隣に寝ころび、バスタオルを剥ごうとするが恥ずかしいからと言って抵抗してくる。

シーツで隠せばバスタオルを剥ぎ取れると考え、私はシーツをベットからめくり私ごとレイアを覆うようにかぶせた。

シーツに隠れた事によって恥ずかしさが軽減されたのだろうか、今度はすんなりとバスタオルを剥ぎ取らせる。

腕枕の様に左手をレイアの頭の下に滑り入れキスをしようとするが逃げられてしまう。

若い子は親父のキスを嫌がるのは仕方がないので、私は耳にキスをしながら乳首を触る事にした。

初めてレイアの乳首を見たが、かなり小さめの乳房の上の乳首はやはり小さくてとてもかわいい。

乳房を揉んだり、乳首を指で転がすが反応は薄い。

反応があればもっと上半身で楽しみたいと思ったが、私のテクニックが足りないせいなのだろうか。上半身ではレイアを反応させることは出来なそうだと判断せざるを得なかった。

乳首を舐めながら右手の中指をレイアの股間に当ててみるが、まだ湿ってさえいない。

中指を唾で濡らしてから、もう一度股間に挑戦してみる。

反応は無い。

濡れてもいないのに指で擦り続けていると、痛がって途中で止められるのも厄介だと考え、少し早めだが直接舐める事にした。

『 ノー 。』

レイアはびっくりして両手で私の頭を押さえて逃れようとするがお構いなしに力づくで股間の間に顔を埋めた。

私は両手でレイアの両手を掴みながらお尻の下へ持って行く。

最初は嫌がる素振りを見せていたが、力ずくで舐めていると遂に抵抗する事は辞めた。

シーツがはだけてしまっているので全裸のレイアを眺めながら無毛の股間をしゃぶり続けた。

綺麗な幼児体型が背徳感も含めて、悪趣味な私を更に興奮させていた。

やはり反応は無いが、多くのピーナは最初からは声を出したり反応することは無い。

しかし、よっぽどの不感症でもない限り舐め続けているといつかは反応がある事を私は知っている。

レイアの顔を見ると呆れて冷ややかな表情で私を見ている。その表情が崩れる時が私の楽しみである。私は一定のリズムでクリトリスを舐め続ける。

3分か4分位舐めただろうか。私の舌が舐めている液体の粘度が少しづつ上がってきた。私のつばの粘度では無いことはすぐに分かった。

レイアの表情は相変わらず変わらないが、太ももの辺りは微かに震え始めて来ていた。

やはり、間違えていなかった。確信を持った私は同じリズムで舐める事を続ける事にした。

私も疲れて来ていたが集中して舐めていると『うっ』と小さくレイアの漏らす声が聞こえた。

レイアは両目を瞑り、つらそうな顔をし出した。

やっと来た。舌の根元は疲れているが私は舌を固くしてレイアの中に入れたり、首を左右に思い切り振ったりしながら最後の仕上げを行うことにする。

無味無臭の液体は更に粘度を増していく。全く匂わないのも私を喜ばせる。

レイアは私の両手を振りほどき再度頭を押さえてきた。私は自由になった両手でレイアの両乳首を摘まむ。

レイアは顎をのけぞらせ、先程までは無反応だった乳首も今度はしっかりと反応する。

私の頭に置いていた両手を移動し、今度は乳首を守ろうとするが、私は払われた右手をすぐにレイアの股間に持って行き、中指を第一関節だけ入れる。

嫌がるかと思ったが、それほど抵抗してこない。

調子に乗った私はもう少し中まで差し込み、中の上辺を押してみる。

レイアの中はしっかりと詰まっていて圧迫が凄い。

こんなに締まってると、私の私は侵入できるのだろうかと心配になる。

上辺の膨らんでいる所を、ほぐす様にゆっくりと押すとレイアは『ギュー』と、聞いたことの無い声を出した。

左手は乳首を、右手は中の上辺を、舌はクリトリスに当て、首を左右に思い切り振る。

大忙しだが、レイアも全てを守り切る事は出来ない。【バタバタ】と上半身を揺らしながら必死の攻防が続く。

声を堪えるのも忘れてかわいい声が部屋中に響く。

私の右手は払われてしまったが、最後の力を振り絞って首を左右に振り続けるとレイアは最後に1回大きい痙攣をした。

行ったのか判断できなかった私はゆっくりの動きに変更してもう一度クリトリスを舐めてみたが、先ほどとは比べ物にならない力でベットの頭側の方へ逃げて行った。

ベットの端の方で膝を抱えて少し震えているレイアを眺めながら達成感と優越感とこれからの期待感が膨らんでくる。

コンドームを素早く装着し、レイアに覆いかぶさった。

『今すぐに入れるのか』

言葉には出さないが、目はそう言っている。

半分拒否している固いレイアに私を差し込んだ瞬間に、私は暴発してしまったのだった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村

https://travelangel.online/11日前半 呪いの呪文/

コメント

タイトルとURLをコピーしました