マネパカードを使って出金

youtu.be

WSにはいたるところに両替所とATMがあります。

日本円を持ち歩くのが一番楽ですが、大量の現金を持ち歩くのは不安です。

クレジットカードも便利ですが、やはりスキミングの危険はあります(一度も被害にあったことはありませんが)。

海外プリベートカードを一枚作っておくと万が一の時に被害を最小限に留める事が出来ます。

10,000ペソを引き出した場合。

両替所 日本円→現地通貨 21,276円(10,000円→4,700ペソ)実際は1万円を渡して4,700ペソを受け取るのが一般的)。

クレカ 20,955円 ATM手数料 216円 21,171円

マネパカード 決済金額 191.97ドル クロスボーダー手数料 3.83ドル

ATM手数料 2ドル 現地ATM手数料 4.8ドル 合計 202.6ドル

(1ドルー108円) 21,880円

両替した日が多少ずれているし、使ったATMも違うので正確な比較にはなりませんが、おおよそ上記のような感じで現地通貨を引き出していました。

10万円超使うとして5回引き出すとクレカ(私はJTBを使用しています)とマネパカードでは約3,500円ほど違ってきますがそれを多いと感じるか少ないと感じるかは個人の考え次第です。

※注意点としてはマネパカードは決済の関係で10万円入金しておいたとしても限界までは引き出せません。あとで帰ってきますので多めに入金しておいた方が無難です(携帯電話からでも簡単に入金できます)。

※もう少し詳しく記述するとマネパカードは本当に最悪の場合でも入金した金額分が被害の最大値です。クレカの場合は100万円単位の被害が出る可能性もあります。

※フィリピンでATMを使う場合は最大10,000ペソまでしか出金出来ません(連続で出金することは出来ます)。

ご参考までに!(^^)!

0

コメントを残す